実印製作の事例について、

実は、実印を作る時に実際に印鑑を製作する主人から、「貴方の家系は、先祖は武士であったでしょう・・?」と問われました。
小生の姓名は、確かに織田信長に似た「織○」といいますが、江戸時代の頃は地方の○万石大名のお城を固める、外詰旗頭の武士だったことが明らかにされております。

一寸、余計なことでしたが、印鑑で姓名判断をする易者(印相易者)もいるようです。
姓名はともかく、印鑑には印相と言うものがあり、相術五術の一つとして、本来は印相だけでもそれなりに確立されているといわれます。
印相は、印自体の吉凶を見るものであり、姓名が悪かった時専用の便利なリカバリー手段などと言うような物ではないが、妙に気になるものです。

印鑑文字や姓名は、一般的に人の姓名の文字の画数から五つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・、経験的な解釈に基づいて行うともされていて、実印製作でも通常の印鑑と異なって様々な書体があるようで、姓名によってその形も選択できると言われます。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントは受け付けていません。

印鑑は用途に合わせて作成する

 印鑑を作成するときに注意することは、どんな用途で印鑑を使用するのかをきちんと考えて作成するということです。

 例えば、ただ単に配達の受領印に使いたい、ちょとしたサイン代わりに使いたいという用途ならば、印鑑にお金をかける必要はまったくなく、100均で売られている印鑑で十分です。今の印鑑は100均の印鑑でもそれなりに使えますので、簡単な用途ならばそれで役目は果たせます。

 ですが、銀行印や契約書に使用するな印鑑になってくると、100均の印鑑というわけにはいきません。できるならばそれなりにお金をかけ、オーダーメイドで作ってくれるような印鑑ショップに頼んだほうが良いです。

 良い印鑑になればなるほど、押印がしやすいですし、インクがにじまず、なおかつ長持ちしますから、さすがに重要な場面で使用する印鑑には、そうしてお金をかけておいたほうが後々困りません。

 ですので、印鑑を作成するならば、きちんと用途に合わせて作成することがとても大事です。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントは受け付けていません。

印鑑作成の時に注意する点とは

印鑑の種類は複数ありますが、実印の場合はほとんどの場合フルネームで作成します。ただ、結婚をしていない女性に関しては、苗字が変わる可能性がありますので名前のみで作る場合もあります。
実印は市販されている三文判は登録する事はできません。ゴムなど後々変形する様な素材で作るのも辞めた方が懸命でしょう。セキュリティにおいて、実印は他の印鑑とはわけて作るのが一般的ですね。
よく聞く印鑑に認印というものがあります。こちらは、主に宅配便を受け取った時に使うものですので、ゴム印でも大丈夫です。作成に特に制限はありませんし、苗字のみでもかまわないと思います。
文字に関しては、実印も認印もしっかりと読みやすく作る事が大事だと思います。押されていても何が書いてあるのかわからないのでは、意味がありません。
印鑑と言うのは、証明の為に様々な場面で使う事が多いと思いますので、作っておいて損はありません。ちなみに私は、宅配便の受け取りが多い為、一番よく使うのは認印です。

印鑑作成ハウスなら理想の印鑑が激安でGETできます!

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントは受け付けていません。